こんにちは!病の宝石箱や~と呼ばれているリサオクです
軽病系に敏感で痛みや冷えに弱いタイプなもんで
ちょっと痛いと大騒ぎしてます。

現在、右腕が腱鞘炎っぽくなっております
(画像はさといも湿布中の私の腕)
で、ムスコ2に

リサオクリサオク

二の腕から手首にかけてが冷えてるかも

と言ったら

ムスコ2ムスコ2

え?そこ腕なん?

と言われたので
可愛いなぁ~4年生は腕の名称もちゃんとわからないんだな~
なんて思って

リサオクリサオク

肩から肘くらいまで、ここはね、二の腕って呼ぶのよ♪

と優しく教えてあげたら

ムスコ2ムスコ2

え?太いから太ももかと思ったわ!

と言われ、可愛さ余って憎さ百倍とはこの事か!
などと感情的になったワタクシですが
それもこれも暑さゆえ、頭が茹で上がってしまっての出来事だと
水で流す寛容さを持つ母なのでございます。




スポンサードリンク

土鍋で燻製はどうなったのさ!

ハイ、山キャンプに行くたびに
何か楽しい遊びもやっていこう!ということで
今回は燻製を作る!こととなりまして
まずは燻製の王様、ベーコンを作ることなりました。

何かしようと思うと形から入りたがる(買い物好きの)
夫をまずは止めないといけません

夫氏夫氏

燻製を作るんだったら、燻製の機械がいるだろう
箱みたいなやつ
前はダンボールで作ったけど(鹿児島時代に段ボール燻製をしていた)
そろそろ、ちゃんとした物でちゃんと作りたいんだよね

燻製の機械って

こんなの↑のこと?

だいたい、なんで何でも買いたがるのか思考回路がわかんないのだけれども
(飽きっぽい性格なくせに揃えたがるんだよね・・なんでだろう?)
そこらへんは、なんか慣れちゃってて

リサオクリサオク

え~家であるものを使おうよ
なんかいろんな人が色んな材料使って自分でやってるよ~
ほら、土鍋とか(すでにリサーチ済み)道具はなんででもできるんだって

ということで、家の使ってない(ちょっとヒビが入ってる)土鍋を使うことに

夫氏夫氏

俺、ウッドチップ買ってくる!ウッドチップはいるだろ?

リサオクリサオク

え~ウッドチップ~せっかく無添加の燻製作るのにね
ウッドチップに何か添加物入ってたら嫌だなぁ~
もったいないよね~ウッドチップって何の木で出来てるの?(知ってるけど聞く)

夫氏夫氏

(調べる)桜・・ナラの木がいいみたいだぞ

リサオクリサオク

やったね!うちの山に桜の木が生えてるじゃん!

夫氏夫氏

桜?あれチップにするのどうするんだよ!

リサオクリサオク

(は?チップより本物の方がいいに決まってるじゃん・・でもワタシの話は聞かないし)ネットで調べるね
桜の木で燻製できるかどうか・・・ホラ!この人桜の木の枝でスモーク作ってるじゃん!
紅茶の葉っぱもいいんだって!ミックスしてみよう!

燻製作る話になるまでが長いのですが

ここで、ようやく土鍋で燻製を作ってみることに話がまとまりました

さて、登場したのは使い古してちょっぴりヒビの入った土鍋
ヒビが入っているため使うのが怖く
でも捨てるほどでは無い気がして(ハイ、そういうタイプです)
ずっと置きっぱなしになってた土鍋さ~ん!

これに、バーベキュー用の網(100均で売ってるようなのでOK)


これを土鍋の内側にフィットするようにカットします(ペンチでパチンパチンとね)

ハイこんな感じです。ピッタリ!

しっかり蓋もしまりましたよ!
ということで、これを持って山へGO!(今回、燻製の材料については省いてます)




スポンサードリンク

山へ到着したら何をする?

山へ到着したら、荷物を広げて
まずは、薪を拾います。

今回は桜のウッドチップの代わりに桜の枝を拾ってきました。

そして、燻製用の簡易かまどを作って
土鍋をセッティング

夫氏夫氏

悪くないな

土鍋に直に桜の枝を置くのはちょっと・・なので
アルミホイルを敷きました。

アルミは何度で溶けるんだっけ?なんて思いながら
特にアルミに触れているところを口にするわけじゃないから
いいことにしよう!と

桜の枝をポキポキ折ったもの&桜の葉っぱを投入~

そして、今回はワタクシ大好物の紅茶の葉っぱも入れます
こちらはアリサンのアールグレイです

味も香りもgood!なのにお安い!コスパ良い紅茶です
こちらの茶がらをたっぷり


投入~!

で、火を入れます

 

そして、燻製になる予定の豚のバラ肉をソミュール液につけたあと
干したものを乗せます

こんな感じ

大きさの目算がちょっと外れて
なかなか豚肉が塩梅よく収まらない・・・

でもなんとか、なります
なんとかします!

 

これで、土鍋の中の桜の枝をいぶすわけなんだけど
蓋をすると、うまくいぶせているかどうかが
さ~っぱりわからないんだな。

煙がかまどのあちこちから出ているし
蓋を開けていいもんかどうかもわかんないし(普通は開けないよね)

ということで、ほったらかして
遊んでいたんだけど

遊ぶって言ったって火の番は誰かがしなくちゃいけないんで
交代で遊んでました。

・・・で夕方(多分5~6時間は燻してたかな)

完成~うまそ~!
途中でチーズ4個を投入しましたが
煙が出ているかどうか蓋を開けた時に
ムスコ1とリサオクで味見をしてしまい(美味!)
出来上がったのはスモークチーズ2個と
ベーコン4本

 

今回、ばら肉に脂身が多かった!

画像では見えづらいかも?だけどバラ肉だけに脂が・・
(実はリサオク・・豚をあまり食べないのデス・・なので・・)

ムスコ2ムスコ2

豚食べたら共食いなるからやん!

リサオクリサオク

ブブ・・ブヒ~!!!

そういうわけじゃないんだけど、豚肉と牛肉&乳製品はあまりいただいてないのですが
こういう時には少し・・とつまんだんだけど
脂身が多くて、あまり慣れていない胃がゴロンゴロンする羽目に・・・

ですので次は、脂身少な目で作るぞ!&魚系も欲しいな・・
なんて夫氏に訴えております。

しかし、燻製作りは時間の使い方が楽しい大人の遊びです。
皆さまも是非、ゆっくりじっくり
出来上がりを楽しみに作ってみてはいかがでしょうか~




スポンサードリンク